新刊案内

最後は孤立して自壊する中国(石平・村上政俊) 最後は孤立して自壊する中国 石平・村上政俊

CONFORT [コンフォール](喫煙文化研究会 編) CONFORT
[コンフォール]
喫煙文化研究会 編

三番町のコタカさん 大妻コタカ伝(工藤美代子(ノンフィクション作家)) 三番町のコタカさん 工藤美代子(ノンフィクション作家)

ロジカル面接術(津田久資(AUGUST-A代表)/下川美奈(日本テレビ報道局)) ロジカル面接術 津田久資(AUGUST-A代表)/下川美奈(日本テレビ報道局)

世界史に躍り出た日本(渡部昇一(上智大学名誉教授)) 世界史に躍り出た日本 渡部昇一(上智大学名誉教授)

こうして、2016年、「日本の時代」が本格的に始まった!(日下公人(評論家)) こうして、2016年、
「日本の時代」が本格的に始まった!
日下公人(評論家)

新刊PickUp!

日本人が気付かない〜 表紙 『日本人が気付かない世界一素晴らしい国・日本』
ケビン・M・ドーク(ジョージタウン大学教授) 著 900円(+税)

アメリカ人の日本研究者が書いた
“日本と日本人がよく分る”目からウロコの日本学!

ジョージタウン大学で日本の近代思想を中心に、広く近代日本史を教えているのが、著者のケビン・ドーク氏である。ドーク氏はいまから40年ほど前の1977(昭和52)年に、交換留学生として長野県の県立上田東高校にやってきた。そして、このときの体験により、「日本を勉強するために、日本にいま一度戻る機会を探すために」、大学進学を決意した。それほど、彼にとって日本体験は印象的だったのだ。ドーク氏は大学進学後、東京大学と立教大学に留学し、シカゴ大学の大学院に進み日本研究に邁進した。
本書は、そんなドーク氏のいわば、“日本体験・観察記”である。特に日本人自身が気付いていない「日本の良さ、強味・弱味、天皇とは何か、そして、日本は世界のなかでどんなポジションにあるのか、世界は日本に何を期待しているのか、また、日本は世界に対して何ができるのか」等を日本人に分かり易く教えてくれる。

書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ