WAC BUNKO

偽りの「都民ファースト」

片山善博・郷原信郎 著

今、東京都政はほんとうに
「都民ファースト」なのか


詭弁と先送りで地方自治を弄ぶ
小池都知事の政治手法を
前鳥取県知事と元検事が徹底的に検証する


著者プロフィール 片山善博(かたやま・よしひろ)
1951年、岡山県生まれ。東京大学法学部卒業後、自治省に入省。能代税務署長、自治大臣秘書官、自治省国際交流企画官、鳥取県総務部長、自治省固定資産税課長などを経て、99年より鳥取県知事(2期)。2007年4月、慶應義塾大学教授。10年9月から11年9月まで総務大臣。同月慶應義塾大学に復職。17年4月、早稲田大学公共経営大学院教授。併せて、鳥取大学客員教授、日本郵船株式会社社外取締役など多くの要職を務める。著書に『地方自治と図書館』(共著:勁草書房)、『民主主義を立て直す 日本を診る2』(岩波書店)、『片山善博の自治体自立塾』(日本経済新聞出版社)など多数。

郷原信郎(ごうはら・のぶお)
1955年、島根県生まれ。東京大学理学部卒。東京地検特捜部、長崎地検次席検事、法務省法務総合研究所総括研究官などを経て、2006年に弁護士登録。08年、郷原総合コンプライアンス法律事務所開設。これまで総務省顧問、日本郵政ガバナンス検証委員会委員長、総務省年金業務監視委員会委員長などを歴任。著書に『検察の正義』(ちくま新書)、『「法令遵守」が日本を滅ぼす』(新潮新書)、『思考停止社会─「遵守」に蝕まれる日本』(講談社現代新書)、『検察崩壊─失われた正義』(毎日新聞社)など多数。

偽りの「都民ファースト」(片山善博・郷原信郎)
  • 定 価:本体920円+税
  • 判 型:新書判
  • ページ数:192ページ
  • ISBN:9784898317587
ページ先頭へ↑
目 次

はじめに 小池東京都知事の姿勢を問う  片山善博

豊洲移転をストップさせた小池氏の知事としての責任

豊洲市場問題を弄んではいけない

都議選にかまけている閑などない

都知事としてなすべきこと

 

第一章 編集部編 小池劇場はこうして始まった

小池百合子氏の突然の出馬表明

小池氏の「都知事選出馬表明」記者会見

小池氏と自民党都連の対立

小池氏の正式出馬表明

標的は、都議会のドンと石原元知事

小池氏の圧勝に終わった都知事選

裏切られる小池知事への期待

「都民ファーストの会」発足

千代田区長選と都議会公明党との接近

小池都知事の都幹部と石原元知事に対する責任追及

「都民ファーストの会」の代表就任と自民党離党

  

第二章 片山善博氏・郷原信郎氏対談【第一部】小池都知事よ、まず隗より始めよ

都民が求めた「都議会改革」とは

有権者の心をつかんだ「都議会改革」というキーワード

都政の宿痾となっていた「政策推進総本部」

都庁の無謬主義と事なかれ主義

すり替えられた東京大改革のミッション

都知事の仕事はパートタイムでできるものではない

まず隗より始めよ

 

第三章 片山善博氏・郷原信郎氏対談【第二部】都知事としての責任と自覚 

何をやりたいのかまったくわからない小池都政

移転の是非の判断に「情報公開問題」を持ち込む愚

問題を混迷させた小池劇場

政治情勢が生んだポピュリズムの申し子

本質をとらえないメディアの責任

任期を3年半と区切った真意は何か

二足の草鞋はおやめなさい

前任者への責任転嫁では済まない

第四章 片山善博氏・郷原信郎氏対談【第三部】小池都政の先にある東京都の危機

都政を一輪車にしてはならない

鶴の一声による移転延期は民主主義の手続き違反

都政をポピュリズムに晒してはならない

法的根拠のない専門家会議

情けない東京都議会

東京ばかりではない地方自治の問題点

首長と議会の関係は是々非々で

PTの正当性に疑問

なぜ、安心の基準を示さないのか

ビュリダンのロバ

 

第五章 片山善博氏・郷原信郎氏対談【第四部】変わりつつある小池都政の評価

不見識な突然の「築地再生案」

小池氏が住民訴訟の対象に?

自らの権限と責任を自覚すべき都議会議員

求められているのは「見せる化」ではなく、「見える化」

求められるメディアの役割

 

おわりに 「小池劇場」の〝暴走〟が招く「地方自治」の危機  郷原信郎 

独裁的な権限行使に走っている小池知事

違和感だらけの石原氏への損害賠償請求の話

安全ではなく安心を強調する小池知事

元知事に対する損害賠償請求訴訟の問題点

独裁化で地方自治は崩壊する

ページ先頭へ↑
関連書籍
ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ