WAC BUNKO

「文系バカ」が、日本をダメにする

なれど“数学バカ”が国難を救うか

高橋洋一 著


何の専門性もない財務官僚は「ただのバカ」
文系のマスコミ記者こそ「本当のバカ」
数学バカは価値ある「専門バカ」なのだ!


著者プロフィール 株式会社政策工房会長、嘉悦大学教授。1955年東京都生まれ。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年大蔵省(現・財務省)入省。大蔵省理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、内閣参事官(首相官邸)などを歴任。小泉内閣・第一次安倍内閣ではブレーンとして活躍。2008年に『さらば財務省!』(講談社)で第17回山本七平賞を受賞。著書『これが日本経済の邪魔をする「七悪人」だ!』(SB新書)、『なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか』(KADOKAWA) ほか多数。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
「文系バカ」が、日本をダメにする   なれど“数学バカ”が国難を救うか(高橋洋一)
  • 定 価:本体920円+税
  • 判 型:新書判
  • ページ数:216ページ
  • ISBN:9784898317747
ページ先頭へ↑
目 次

はじめに──「AI型知的生活の方法」のすすめ

 

第1章 私は「神童」だった!?

教科書をもらった初日に一年分全部終わった/二日目以降は暇だから、小学校時代はスポーツばかり/中学時代は、やることがなくサボりまくり/中学時代に東大入試の数学は満点がとれた/高校時代は、数学の授業は免除してもらった/全国模試一位とZ会の問題づくりで「小遣い稼ぎ」/数学・理科ができると偏差値90は簡単にとれる/受験には関心がなく、アインシュタインの論文を読む/藤井聡太さんが数学者だったら?/数学科は「美しさ」を求めるマニアックな世界/世界中の人に通じる共通言語は「数式」/中学生に大学レベルの数学を教える平岡塾のバイト/数学教師のバイトだけで十分に生活ができた/世界最高レベルでも謙虚さを忘れない人が一番すごい

 

第2章 何の専門性もない財務官僚は「ただのバカ

数学家になるつもりが、公務員試験を受けることに/パズル問題が得意で、大蔵省に入ってしまった/気ままな自由人が、間違って役人になった/「専門バカ」と悪口を言われた大蔵省時代/入省二、三年目に大蔵省のLANを構築/金融工学を使って大蔵省の金利計算を修正した/大蔵官僚はリスク計算ができず、危うく国家の大損害に/金利リスクの根本をわかっていなかった文系大蔵官僚たち/理論と数式をわかっていると、物事を予測しやすい

 

第3章 話を盛ったSFのような「AI」論に騙されるな

AIは人間がつくった「プログラム」に過ぎない/「シンギュラリティ」は、まやかしの言葉の典型/プログラム化できる定型業務は、AIに取って代わられる/知的職業に見える弁護士の業務はAI化しやすい/銀行の融資業務は、AI化が一番簡単/役所の許認可は、AIのほうが完璧にこなせる/日銀の金融政策は、AIで自動運転できる/AIによって、メディアは要らなくなっていく/AI化できない世界があるから、人生は面白い

 

第4章 仮想通貨が消えても、ブロックチェーン技術は生き残る

私の「ビットコイン」は、消えてしまった/仮想通貨に使われるブロックチェーン技術がすごい/仮想通貨は、税金が心配という人も/仮想通貨業界には、怪しげな業者がいっぱい/投機も財テクも、素人は手を出すな/手数料狙いの金融機関のカモになるな!/手数料の率を知ったら、生命保険はバカバカしくなる/「年金受給を七十歳からにすると四割増える」は当たり前/ベーシック・インカムは、最後は価値観の問題/ベーシック・インカムと他の制度の違いを図で知る/ベーシック・インカム導入で公務員は大幅に減らせる/公金支出はすべて仮想通貨に!?

 

第5章 文系のマスコミ記者こそ「本当のバカ」

財務官僚時代も官邸時代も、新聞を読む必要がなかった/レベルの低い記者が書いているから、新聞は役に立たない/本当の「人事情報」を新聞記者に話す人はいない/テレビは見ないが、検証のために録画しておく/裁量労働の労働時間など調査する意味がない/「取材すればわかる」と思い込んでいる新聞記者たち/引用の多い本を読むくらいなら、一次情報に当たれ/マスコミの流す情報は、人から聞いた二次情報/学者が使っているデータベースは共有されている/「デフレ不況」という愚かな言葉を使うマスコミ/マスコミは「安全基準」と「契約基準」の違いも知らない/理系知識がないから、記事がトンチンカンになる/イデオロギーの強い文系記者の書く記事は読む必要がない

 

第6章 ロジカルな理系思考は、臨機応変に対応できる

鳩山元首相は、理系のはずだが……/野球のデータ解析を論文にしていた学者時代の鳩山さん/沖縄基地問題も科学的に考えればよかった/オペレーションズ・リサーチは、条件下で最適解を出す/政治家は、案外ロジカルに動いている

 

第7章 小さな格差は忘れて「専門バカ」を目指せ!

「格差社会」と騒ぐ人ほど、小さな差にこだわる/学歴とか偏差値とか、バカな考えは捨てよ!/政治の世界は、「学歴」より「人望」/本当にすごい人は「学歴」なんて要らない/「覚えさせる数学」が間違いの始まり/何でもロジカルにやる環境を整える/ロジカルには行かない理不尽なこともある/「プログラミング」だけでもやってみるといい

ページ先頭へ↑
関連書籍
ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ