WAC BUNKO

こんなメディアや政党はもういらない

高山正之 和田政宗 著


フェイクニュースといえば——朝日だけではない、いまNHKが酷い!
誤報しても謝らない朝日。新聞の体裁をとった怪文書でしかない。
安倍総理のことは何もかもすべて気にくわないのが左のメディアと政党。


高山正之 ジャーナリスト
トランプ叩きの差別的報道に明け暮れる米国にはまともなジャーナリズムは存在していないかに見える。日本の新聞も同じ症状を示している。中でも朝日はひどい……。

和田政宗 参議院議員・元NHKアナウンサー
「NHKスペシャル」の「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」などは、結論ありきのバイアスがかかった放送だった。自虐史観的な「史実を歪める」報道は大河ドラマにも見られます。


著者プロフィール 髙山正之(たかやま・まさゆき)
1942年東京生まれ。1965年東京都立大卒業後、産経新聞社入社。社会部次長を経て、1985年から1987年までテヘラン支局長、1992年から1996年までロサンゼルス支局長。1998年より3年間、「高山正之の異見自在」を執筆。2001年から2007年まで帝京大学教授を務める。『週刊新潮』連載の「変見自在」など名コラムニストとして著名。著書に『アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!』(ワック)、『変見自在 トランプ、ウソつかない』(新潮社)など多数。

和田政宗(わだ・まさむね)
1974年東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業(日本外交史)。1997年アナウンサーとしてNHKに入局。新潟、帯広、大阪局を経て仙台局に勤務、東日本大震災の報道や取材に携わる。2013年参議院議員選挙にみんなの党から出馬、宮城県選挙区で初当選。現在、自民党広報副本部長を務める。著書に『戦後レジームを解き放て! —日本精神を取り戻す!』(青林堂)、『「嘘の新聞」と「煽るテレビ」』(育鵬社)、『日本国憲法「改定」』(すばる舎)など多数。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
こんなメディアや政党はもういらない(高山正之 和田政宗)
  • 定 価:本体920円+税
  • 判 型:新書判
  • ページ数:920ページ
  • ISBN:9784898317846
ページ先頭へ↑
目 次

はじめに——日米の反安倍・反トランプ報道には愛想をつくしかない 髙山正之

 

第一章 誤報しても謝らないサイテーの朝日新聞

安倍三選は「国民の信頼」によるもの

籠池の〝偽証〟を見抜けずフェイク・ニュースを垂れ流す朝日

噓つき国家の言い分を鵜呑みにするバカ記者たち

「メディア・リテラシー」を高めることには貢献?

朝日の「反安倍」の執念はどこから来ているのか

「反安倍」の報道をしていた毎日新聞は、方向転換

寺脇研、前川喜平に頼るワイドショーに倫理観はあるのか

朝日はアンチ朝日の弁護士を起用するか?

世論調査も情報操作のツールにできる

昔コミンテルン、今チナミンテルン?

朝日は、自分たちの商売が儲かることは変えようとしない

第二章 GHQに利用され続けてきたNHKの体質

でっち上げの七三一部隊の話を断定的に放送したNHK

人体実験はアメリカのお家芸

左翼劣化の著しい製作現場

アメリカはプロパガンダのためにNHKを利用してきた

NHKプロデューサーが自虐史観に荷担した

NHKで報道されたことを国民は史実だと思ってしまう

大河ドラマは、プロデューサーの「思想」に引きずられる

「昔GHQ、今NHK」

第三章 新聞記者は如何にして劣化し「権力のポチ」に成り下がったのか?

「記者会見」はタテマエだけの世界だった?

「言葉尻」を取り上げるバカな記者が増えた

朝日新聞は、オフレコの約束を守らず記事にした

新聞と政府が結託して戦争を煽った歴史がある

「週刊誌の報道によると——」と新聞が載せる愚かさ

今の新聞記者は、週刊誌よりも取材力が劣っている

新聞記者はメモ取りより、相手の顔の表情の動きを見るべき

記者は、ただパソコンに打ち込む速記屋になってしまった

外堀から周辺情報を積み上げて、本丸に迫っていくのが記者

新聞記者のレベルは落ち、社内での連携もできていない

ロッキード事件は、地検特捜と無知な新聞記者のつくり事

冗談ではなく、東京地検特捜部はアメリカの指揮命令で動く

第四章 トランプのアメリカを過小評価している日本のメディア

トランプは、日本を頼り始めた

中国を封じ込めるためには、日本の力が不可欠

北朝鮮問題は日米の緊密な連携で動き始めた

金正恩は、アメリカに怯えて慌てて北京に行った

安倍首相とトランプ大統領はいい時期に出会った

安倍外交は、トランプの性格も読み切っている

トランプ政権前から、日本は防衛力強化を積み重ねてきた

第五章 野党は、なぜこんなにだらしないのか?

民主党は失政を総括しないまま崩壊していった

みんなの党の解党は、メディアに、してやられた

希望の党は、突然できて、すぐに失速していった

バカげた「二大政党」の幻想をもう捨てるべき

戦わない野党の政治家は、みんな消えていった

なぜ野党議員は国会で追及されないのか

野党は、根拠なく攻めるから与党を攻めきれない

役所の無限ループに野党が巻き込まれてしまっている

国会に縛られて首相が自由に外交できない

第六章 「ゆとり教育」「自虐教育」から日本を守るにはどうすべきか

サッチャーは昔の日本を見倣って教育改革を成功させた

左翼は、「聖徳太子」を日本から消そうとしている

聖徳太子の十七条憲法こそが、本当の「憲法」

日本の子供にも愛国心を持てる教育が必要

日本が強い国だからこそ、「鎖国」ができた

「潜伏キリシタン」という言葉は、そもそもおかしい

歴史的に見ると、実は、日本は外交がうまかった

第七章 「憲法改正」と「美しい町並みづくり」で日本を飛躍させよう

田中角栄の列島改造論から学ぶべきことは多い

都市から電信柱をなくして「美しい町」に

地方活性化のためにも日本中をみんなで「美しい町並み」にしていく

経済は重要だが、やはり「憲法改正」が一番重要

 

おわりに——国民が、既存メディアを〝もう必要ない〟と見放す秋 和田政宗

ページ先頭へ↑
関連書籍
世界は邪悪に満ちている だが、日本は……。(日下公人(評論家)/髙山正之(ジャーナリスト))世界は邪悪に満ちている だが、日本は……。

日下公人(評論家)/髙山正之(ジャーナリスト)

アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!(高山正之(ジャーナリスト))アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!

高山正之(ジャーナリスト)

白い人が仕掛けた黒い罠(高山正之(ジャーナリスト))白い人が仕掛けた黒い罠

高山正之(ジャーナリスト)

ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ