WAC BUNKO

「反日中韓」を操るのは、
じつは同盟国・アメリカだった!

馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使) 著


本書を読めば、唖然とする歴史の真実を知る!


中国による尖閣奪取の表明や、韓国の日本敵視外交、このような両国の反日行動を阻止しようとしないどころか、逆にわが国の歴史認識を批判する同盟国・アメリカ。日々のニュースは、まるで米中韓三国による日本封じ込めを彷彿させるようなトーンで満ちている。なぜ、そうなるのか? その根本を理解するには、戦後東アジアレジームへの理解が欠かせない。それは、端的にいえば、中国・韓国を利用したアメリカの日本封じ込め策に他ならない。そのアメリカを動かす正体を知らずして、歴史の真実は見えてこない!


著者プロフィール 馬渕 睦夫(まぶち・むつお)

元駐ウクライナ兼モルドバ大使、前防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。
1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職。著書に、『いま本当に伝えたい感動的な「日本」の力』『国難の正体』(以上、総和社)、『日本の敵』(渡部昇一氏との共著、飛鳥新社)、『世界を操る支配者の正体』(講談社)などがある。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
「反日中韓」を操るのは、じつは同盟国・アメリカだった!(馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使))
  • 定 価:本体900円+税
  • 判 型:新書判
  • ページ数:232ページ
  • ISBN:9784898317075
ページ先頭へ↑
目 次
  • まえがき

第1章 世界史の逆説を見抜く鍵

  • TPPの行き着く先は「主権」の廃止
  • ウォールストリートは社会主義者の集まり
  • 第二次世界大戦でアメリカとソ連はなぜ組んだのか?
  • 明治維新も日露戦争もユダヤ財閥がかかわっている
  • 日本では教えられない「二十世紀はユダヤの世紀」
  • ロスチャイルドの前に立ちはだかったロシア皇帝
  • ロシア革命はユダヤ人解放のための革命
  • ロシア革命でユダヤ財閥は大儲けをした
  • ロマノフ王朝打倒のために日本を利用したヤコブ・シフ
  • アメリカを操り始めた社会主義勢力
  • ユダヤ人がアメリカを第一次世界大戦に参戦させた
  • アメリカの民主主義は操られた幻想に過ぎない
  • 米大統領側近にはユダヤ系有力者が送り込まれる
  • ユダヤ教、キリスト教、イスラム教とは?
  • 国を持たないことがユダヤ人の安全保障
  • イスラエルの存在に疑問を呈すユダヤ社会
  • 最終的に人類を「無国籍化」するのが目的
  • 国際主義は「国境廃止」につながる
  • 国際機関は「主権制限」のための機関

第2章 金融財閥に発行権を奪われたドル紙幣

  • アメリカの歴史は、通貨発行を巡る戦い
  • 通貨発行権さえ握れば世界を支配できる
  • 政府による通貨を初めて発行したリンカーン
  • リンカーンの通貨を無力化する金融界の工作
  • 中央銀行を設立するのになぜ秘密会合が必要だったか
  • 策を弄した民間銀行が通貨発行権を握った
  • 通貨発行のたび民間銀行に利子を払う米政府
  • 知らないうちに国民の税金が民間銀行の利益に
  • 戦争すればするほど銀行が儲かる仕組み
  • サッチャーもニクソンも逆らえない英金融界
  • ケネディ暗殺に絡む政府通貨発行を巡る戦い
  • レーガン大統領暗殺未遂事件はなぜ起こったか
  • 「利子」が当たり前という金融界による洗脳
  • 国家意識のない金融勢力が国家を利用する

第3章 社会主義者に乗っ取られたホワイトハウス

  • アメリカの使命は「世界のアメリカ化」
  • アメリカに「内政不干渉」の発想はない
  • 大東亜戦争は「アメリカ化」との戦い
  • 社会主義者に囲い込まれたルーズベルト政権
  • ルーズベルトが日本を追い込んだ
  • 「共産ソ連」と「社会主義アメリカ」が手を結んだ
  • 財閥の利益のために仕組まれた八百長の冷戦構造
  • アメリカを弱体化させて乗っ取る国際銀行家の戦略

第4章 日本と蒋介石を戦わせて倒すアメリカの戦略

  • 日本は中国を「侵略」などしていない
  • 日本が望まず、中国が望んだ日中戦争
  • 中国の共産化を支援したマーシャルの背信外交
  • 支那事変の裏で蒋介石とサッスーン財閥が金儲け

第5章 韓国を使って反日をさせるアメリカ

  • 日本はどの国も植民地支配していない
  • 古事記の「治らす」の精神で朝鮮を栄えさせた
  • 日本だけがやらなかった分断統治
  • 日本の善政を受け入れてしまった併合時の韓国
  • 独立を望む愛国者を暗殺した韓国王朝
  • 独立させたい日本、独立する気のない朝鮮
  • 日本が謝れば謝るほど傷つく韓国人の心理
  • 国家の独立の正統性が問われる韓国
  • 反日教育のために韓国人は自国に誇りを持てない
  • 対等に付き合うなら韓国を突き放せ
  • 朝鮮戦争は米ソに仕組まれたもの
  • 朝鮮戦争で梯子を外されたマッカーサー
  • 裏切られたマッカーサーの重要な議会証言
  • 中韓で日本を抑え込む東アジアレジーム
  • 拉致問題に非協力的なアメリカの意図を疑え
  • グローバル化した韓国経済のなれの果て
  • 明日の日韓関係のために

第6章 グローバリズムに屈しない日本とロシア

  • TPP参加は日本の「ものづくり」も壊す
  • 金を動かすだけの外資は日本には不要
  • 一国社会主義に走ったスターリン
  • ロシアは世界支配のハートランド
  • 超大国ソ連が極めて平和裏に崩壊した不思議
  • ロシアの天然資源を奪おうとした欧米ユダヤ財閥
  • ユダヤ財閥を追放し、天然資源を取り戻したプーチン
  • ウクライナ問題でプーチンを追い詰める欧米
  • グローバリストの企みを潰せるのは日本とロシアだけ
ページ先頭へ↑
関連書籍
白い人が仕掛けた黒い罠(高山正之(ジャーナリスト))白い人が仕掛けた黒い罠

高山正之(ジャーナリスト)

2015年〜 世界の真実(長谷川慶太郎(国際エコノミスト))2015年〜 世界の真実

長谷川慶太郎(国際エコノミスト)

2015年 中国の真実(宮崎正弘(評論家)/石平(評論家))2015年 中国の真実

宮崎正弘(評論家)/石平(評論家)

ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ