WAC BUNKO

終戦70年

アジアの解放、
本当は日本軍のお陰だった!

高山正之(ジャーナリスト) 著


アジア諸国に謝罪すべきは誰か!


「太平洋戦争」の常識はウソばかりだ。戦後、アメリカは自らの悪を隠蔽・合法化し、日本封じ込めのため、「日本悪者論」を世界に流布した。本書は、「太平洋戦争」の戦場の数々を歩いた著者が、そこで日本人が何を考え、何をしたか、対するアメリカ人はどう対応したのかを微細に丁寧に拾い集め、アメリカの嘘八百を暴いた力作だ。
今年、戦後70年の節目である。米国とどう付き合ったらよいのか、その米国に迎合する中国・韓国とまだ付き合う必要があるのかどうか、それを考えるヒントにもなる。


著者プロフィール 高山 正之(たかやま・まさゆき)
 
ジャーナリスト。1942年、東京生まれ。東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長を歴任。98年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「異見自在」担当し、その辛口ぶりが評判となる。2001年から2007年3月まで帝京大学教授。『週刊新潮』に連載中のコラム「変見自在」は熱狂的ファンも多く、名物辛口コラムとして高い人気を集めている。著書に『「モンスター新聞」が日本を滅ぼす』『「官僚は犯罪者」は世界の常識』(PHP研究所)、『変見自在 プーチンよ、悪は米国に学べ』『変見自在 マッカーサーは慰安婦がお好き』『変見自在 日本よ、カダフィ大佐に学べ』『変見自在 サンデルよ、「正義」を教えよう』(新潮社)など多数がある。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
アジアの解放、本当は日本軍のお陰だった!(高山正之(ジャーナリスト))
  • 定 価:本体930円+税
  • 判 型:新書判
  • ページ数:244ページ
  • ISBN:9784898317105
ページ先頭へ↑
目 次
  • まえがき

第1章 パレンバン

  • オランダを蹴散らした空の神兵

第2章 インパール

  • 神のごとく振る舞った英国人が青ざめた

第3章 上海・南京・武漢

  • 日本を潰せ──
  • 支那の背後にちらつく露・独・米の影

第4章 旅順

  • アメリカはなぜ
  • 「日露講和」に乗り出したのか

第5章 ビルマ・真珠湾

  • 白い人が仕掛けた黒い罠

第6章 ラバウル

  • 米豪の“白きゴーマニズム"

第7章 バターン

  • 「バターン死の行進」はクサイぞ!

第8章 韓国

  • 奴隷のいた国、いない国

第9章 東ティモール

  • 「戦後自虐史観」の方程式=
  • 白人の奸計+ウソつき教授+朝日新聞

第10章 白人はいつも肚黒い

ページ先頭へ↑
関連書籍
関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!(加藤康男(ノンフィクション作家))関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!

加藤康男(ノンフィクション作家)

ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ