単行本

テレビ報道記者

下川美奈(日本テレビ報道局社会部デスク兼キャスター) 著


社会部22年、初の女性警視庁キャップ奮闘記!


「情報ライブ ミヤネ屋」や「深層ニュース」のキャスターとしても活躍している日本テレビ社会部デスク兼キャスター・下川美奈氏による初の著書がついに登場!
たくさんの失敗で泣いてばかりの新人記者が、社会部デスクとなって警察庁エリートらと対峙するようになるまでの成長が綴られた、笑って泣ける一冊です。
社会部ならではの事件のエピソードも満載。オウム幹部出所の際に、飛行機で偶然隣に乗り合わせた「上祐アタック事件」についてのエピソードから、國松警察庁長官狙撃事件や、秋葉原無差別殺傷事件と情報番組の「誤報事件」の顛末などなど、「社会部ネタ」が満載! 「情報ライブ ミヤネ屋」や「深層NEWS」のキャスターならではの裏話もたっぷり。
ニュースでは報道されることのない、報道記者の奮闘ぶりはもちろんですが、下川氏とのやりとりを通して垣間見える、人間模様も読みごたえあり!


著者プロフィール 下川美奈(しもかわ・みな)
日本テレビ報道局社会部デスク兼キャスター。1972年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。日本テレビに入社。以来、主に社会部で事件などの取材をする。2006年から2年9カ月間、新聞・テレビ含めて女性初の警視庁キャップを務め、2009年1月からは社会部デスクとして、事件・災害取材などの指揮をする。2010年7月からは社会部デスク業務とともに、隔週で情報番組のニュースコーナーのキャスターを担当。現在は朝の『スッキリ!!』と午後の『情報ライブ ミヤネ屋』のニュースコーナーでニュース項目のセレクトからキャスターも務める。また、2014年4月からは隔週金曜にBS日テレの『深層NEWS』のキャスターとしても活躍。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
テレビ報道記者(下川美奈(日本テレビ報道局社会部デスク兼キャスター))
  • 定 価:本体1300円+税
  • 判 型:四六判並製
  • ページ数:180ページ
  • ISBN:9784898314531
ページ先頭へ↑
目 次

プロローグ 「オウムイヤー」の暑い夏

  • 「女は来るな」
  • 「仮採用の君には有給休暇がない」
  • 強面のボディーガードの落ち込んだ表情に胸が締め付けられた
  • ちょっとした気付きでつかんだ「最初のスクープ」
  • 警視庁クラブへの異動に号泣した
  • 「テレビが政治を変えるかもしれない」
  • 第一志望はTBSかテレビ朝日だったけれど……

第一章 駆け出しの社会部記者は泣いたり、

    怒鳴ったり…… 1996~2003

  • 記者クラブ用のシャワー室を使わなくなった理由
  • 国税庁記者クラブで泡を吹いて倒れた
  • 「セクハラはされていません」
  • 今考えると、あれは詐欺紛いの情報収集活動だった
  • ビデオが撮れてなくて死にたい気持ちになった
  • シドニー・オリンピックと吉野家の牛丼
  • マイプラン研修制度で入社五年目にリフレッシュ
  • 警察庁のエリート課長を怒鳴りつける

第二章 再び警視庁クラブへ 2003~2006

  • 國松警察庁長官狙撃事件と「スプリング8」
  • 日本テレビが大嫌いな公安部長
  • なぜ、スクープをすぐに書かなかったのか
  • テレビはどうしても映像と音で勝負したい
  • 生放送で流れた「エッ?」「エッ?」
  • 「その節はご迷惑をおかけしました」

第三章 警視庁クラブで最初の女性キャップ

    2006~2008

  • 捜査二課長の電話に出なかったのには訳がある
  • 秋葉原無差別殺傷事件と情報番組の「誤報」
  • 記者クラブの総会で吊し上げにあった
  • テレビ局が一般人の撮った映像を探す時代
  • テレビ報道は「見て納得、聞いて納得」
  • 御用始めの挨拶回りは着物姿で警視庁内を練り歩く

第四章 社会部デスクとキャスター──二足の草鞋

    2009~2011

  • 金賢姫の単独インタビューで感じた意外な印象
  • 適当な話をするコメンテーターが多くてイライラした
  • やってもらいたい人とやりたい人は違う
  • 井田由美さんに泣きついた日々
  • 午前二時半起きから解放され、本当にありがたかった

第五章 「情報ライブ ミヤネ屋」と「深層NEWS」

    2011~

  • 苦情が殺到した「私のひと言」
  • 大阪のノリで突っ走る「ミヤネ屋」のすごさ
  • 「絶対しゃべらないオーラ」が出ていた菅官房長官
  • メインデスクの日はトイレに行く暇もない
  • テレビは少年法の制限を守り続ける
  • 日本テレビという看板があって仕事ができた
  • 「サンカイ事件」と「スーパーミス事件」

エピローグ 酒とゴルフと男と女

  • 日本酒は美容に最適です
  • 「おじさん臭」が漂う私の趣味
  • 男と女は平等だけど、違うところがある
  • 「無視されるのと、ヒールで踏まれるのと、どっちがいい」
  • 櫻井よしこさんに「その格好は何ですか」と注意された思い出
  • 常識、思いやり、謙虚さが報道記者の三点セット
ページ先頭へ↑
関連書籍
ロジカル面接術(津田久資(AUGUST-A代表)/下川美奈(日本テレビ報道局))ロジカル面接術

津田久資(AUGUST-A代表)/下川美奈(日本テレビ報道局)

曽野綾子 自伝(曽野綾子(作家))曽野綾子 自伝

曽野綾子(作家)

三番町のコタカさん 大妻コタカ伝(工藤美代子(ノンフィクション作家))三番町のコタカさん 大妻コタカ伝

工藤美代子(ノンフィクション作家)

ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ