単行本

白い人が仕掛けた黒い罠

アジアを解放した日本兵は偉かった

高山正之(ジャーナリスト) 著


「昭和の戦史」はウソばかり!
アジアに謝罪すべきは誰か!


日本人はもともと人種、民族について深刻に考えない性癖をもち、ましてや、そうしたことを考えてはいけないように仕込まれてきた。しかし、「人種」という視点をもたず歴史を見ている限り、歴史の本当の姿は見えてこない。人種が違えば、考え方も行動様式も生活習慣も、そのベースにあるものはほとんどと言っていいくらい違うのである。一度、「人種」という色をはっきりさせて日本の戦争を振り返ってみるとどうなるか。肚(はら)黒い白人の植民地支配からアジアが独立できたのは、本当は日本軍のお陰だったことを本書は教えてくれる。


著者プロフィール 高山正之(たかやま・まさゆき)
ジャーナリスト。1942年東京生まれ。東京都立大学卒業後、産経新聞社入社。社会部デスクを経て、テヘラン、ロサンゼルス各支局長。98年より3年間、産経新聞夕刊1面にて時事コラム「異見自在」を担当し、その辛口ぶりが評判となる。2001年から2007年3月まで帝京大学教授。『週刊新潮』に連載中のコラム「変見自在」は熱狂的ファンも多く、名物辛口コラムとして高い人気を集めている。著書に『世界は腹黒い』(高木書房)、『「モンスター新聞」が日本を滅ぼす』『「官僚は犯罪者」は世界の常識』(PHP研究所)、『変見自在 サダム・フセインは偉かった』『変見自在 スーチー女史は善人か』『変見自在 ジョージ・ブッシュが日本を救った』『変見自在 オバマ大統領は黒人か』『変見自在 偉人リンカーンは奴隷好き』(新潮社)などがある。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
白い人が仕掛けた黒い罠(高山正之(ジャーナリスト))
  • 定 価:本体1400円+税
  • 判 型:四六判上製
  • ページ数:236ページ
  • ISBN:9784898311639
ページ先頭へ↑
目 次
第1章 パレンバン 見よ落下傘 オランダを蹴散らした空の神兵 第2章 インパール 司馬手法 神のごとく振る舞った英国人が青ざめた 第3章 上海・南京・武漢 切り取り御免 日本を潰せ──支那の背後にちらつく露・独・米の影 第4章 旅順 淫乱な女王 アメリカはなぜ「日露講和」に乗り出したのか 第5章 ビルマ・真珠湾 残らず処刑台に送れ 白い人が仕掛けた黒い罠
第6章 ラバウル 白豪主義 米豪の“白きゴーマニズム” 第7章 バターン マッカーサー、どこがエライ 「バターン死の行進」はクサイぞ! 第8章 韓国 奴隷制度をもつ朝鮮 奴隷のいた国、いない国 第9章 東ティモール 黒い子ども─ハーフカス─たち 「戦後自虐史観」の方程式=白人の奸計+ウソつき教授+朝日新聞 第10章 残忍くらべ 白人はいつも肚(はら)黒い
ページ先頭へ↑
関連書籍
「昭和の大戦」への道(渡部昇一(上智大学名誉教授))「昭和の大戦」への道

渡部昇一(上智大学名誉教授)

大東亜戦争の真実(東條由布子 編/渡部昇一 解説)大東亜戦争の真実

東條由布子 編/渡部昇一 解説

読む年表 日本の歴史(渡部昇一(上智大学名誉教授))読む年表 日本の歴史

渡部昇一(上智大学名誉教授)

ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ