ガリレオチャンネル

ガリレオチャンネル科学と科学技術と関わる新しい動向や注目の研究を、”深く・わかりやすく・面白く”伝える情報ドキュメンタリー

ガリレオチャンネル
1998年4月〜2011年3月までTOKYO MXで放送されたワック制作・著作の科学ドキュメンタリー

自然を守るとはどういうことか?
小網代の森と生物多様性

  • ■ 本放送 10月16日(土)夜 7:00~7:30
  • ■ 再放送 10月24日(日)昼 8:00~8:30

神奈川県三浦半島にある小網代(こあじろ)。都市近郊に残る“森と海が一体となった自然”は、世界的にも貴重な空間だ。この森を保全するNPOの代表を務める進化生態学者の岸由二教授は、「人の手が入らない自然こそ素晴らしい」という自然観は間違いだと指摘し、行政と協力しながら独自の活動を行っている。番組では小網代の森が守られた秘密に迫った。

小網代の森とアカテガニ
都心から電車で一時間半ほどの距離にある小網代。森と海が川と干潟でつながる小網代は、アカテガニの産卵を見ることができる場所として注目が集まっている。進化生態学者の岸由二さんは、アカテガニを通して森を見ることが、本来の自然の大地のありようを知ることにつながると言う。

自然保護につきまとう間違った自然観
自然を自然のまま放置する。一見、人が関わらない事によって自然は守られているように見える。しかし、都心近郊にある小網代の森のような場所では、自然をそのまま放置すると、生物の多様性が失われていくという。人の手が入らない自然が、生き物と人間にとって一番良い自然であるという考え方は“勘違い”だと岸さんは指摘する。

COP10とSATOYAMAイニシアティブ
2010年10月18日、地球上の様々な生物と生息環境を守ることを目的とした国際会議COP10 が名古屋で始まる。日本は、開催国として「SATOYAMAイニシアティブ」を提案し、世界各国とその考えを共有しようとしている。SATOYAMAイニシアティブとは、日本の原風景「里山」をテーマに生物多様性を保全しようとする試みである。岸さんは、この「SATOYAMAイニシアティブ」は現代にはそぐわないのではないかと疑問を呈する。

自然保護を流域から考える
岸さんは、生物多様性の保全は”流域”をキーワードに進めていくべきだと考えている。流域とは、雨水がどの川に流れこむかを基準に大地を区分けした範囲のこと。流域単位の保全を進めていくためには、市民と行政が一体となり、都市計画の中で行っていくことが必要だという。”流域”をキーワードとした自然保護とはどのようなものかを、鶴見川と小網代の保全活動から探っていく。

ga101016_1ga101016_2ga101016_3ga101016_4
  • <主な取材先>
    岸由二さん(慶応義塾大学/NPO法人小網代野外活動調整会議)

過去の放送タイトル

ページ先頭へ↑

テレビ番組
ガリレオX
ガリレオチャンネル
これまでに放送した
主な番組
ガリレオXへのご意見・感想をお待ちしております