ガリレオX

ガリレオXサイエンスやテクノロジーに関わる新しい動向や注目の研究を、「深く・わかりやすく・面白く」伝える30分の科学ドキュメンタリー

BSフジ | BSデジタル
毎週日曜日ひる11時30分〜12時放送 ※第2・4週が本放送、本放送翌週が再放送となります。

逆襲のトロン
IoT社会に向けてさらに進化する国産OS

  • ■ 本放送 11月10日(金)昼 11:30~12:00
  • ■ 再放送 11月19日(日)昼 11:30~12:00

パソコンやスマートフォンに欠かせない存在である“OS”。WindowsやAndroidなどの海外で作られたものを連想しがちだが、実は日本でも30年以上前から着々と開発が進められているOSがある。
その名は国産OS「トロン」。
聞きなじみのない方も多いかもしれないが、今や私たちが最も使ったことのあるOSといっても過言ではないほど、トロンは、ありとあらゆる機械の中で利用されているOSなのだ。
さらにトロンは、モノ同士が繋がるIoT社会の到来によって、ますます活躍の幅を広げようとしていた。意外に知られていない国産OSの真の姿と、これからの可能性に迫る。

国産OS「トロン」 
国産OSを作るため1984年に開始した、「トロンプロジェクト」には、ある大きな特徴があった。それは、世界中の誰もが“無料”で利用でき、開発情報もすべて開示するという、オープンソースやロイヤルティーフリーを世界に先駆けて行うというものだった。そしてこの試みが功を奏し、トロンは、一躍コンピューター界の表舞台に躍り出た。

時代の荒波
トロンの開発当時、日本は車産業やハイテク分野等でアメリカとの貿易摩擦に揺れていた。世界トップレベルの性能をもつまでに進化したトロンは、その性能がゆえに時代の波に呑まれてゆく。

逆襲のトロン
OSには大きく分けて2つの種類がある。一つは、Windowsやandroidなどに代表されるパソコンやスマートフォン用に開発されている“汎用OS”と言われるもの。そしてもう一つは、家電や銀行のATMなど、多くの電子機器用に開発されている“組み込みOS”といわれるものだ。時代に翻弄され一時は姿を消したかに見えた国産OSトロンは、この組み込みOSの分野で活躍していた。そして今、私たち生活の中にある多くの機器がトロンを利用したものへと変化している・・・

トロンのゆく先
モノがインターネットにつながることを指し示すIoT(アイオーティー)。それはもう未来の話ではなく、既に現実のものなっている。しかし日本はいまIoTなどを得意とするエンジニアやプログラマーなどの人材が不足しているのだ。その問題点を解決するため、トロンを使った新しい取り組みが始まっていた。

  • <主な取材先>
    【主な取材先】
    坂村 健さん (東洋大学 情報連携学部学部長)
    土井 淳さん (株式会社リコー オフィスプリンティング開発本部)
    パーソナルメディア株式会社
    東京理科大学近代科学資料博物館

過去の放送タイトル

ページ先頭へ↑

テレビ番組
ガリレオX
ガリレオチャンネル
これまでに放送した
主な番組
ガリレオXへのご意見・感想をお待ちしております