ガリレオX

イマドキの中学二年生 アンケート調査が示すその実態

BSフジ
本放送:04月17日(日)昼11:30~12:00
再放送:04月24日(日)昼14:10~12:00

受験や恋愛、人間関係など様々なことに初めて出会い、苦悩しながら子供から大人へなっていく中学二年生。思春期を迎え、外側からは何を考えているかわかりにくくなる年頃だ。 そんな彼らの内側を明らかにするため東京大学が中心となって大規模なアンケート調査が行われた。神奈川県内の中学二年生約2800名とその保護者を対象にした、その調査から見えてきた彼ら・彼女らの実態に迫る。

中学二年生の一人称
「自分のことを何と呼びますか?」この一見何気ない質問に意外な結果が出た。
“ワタシ”や“アタシ”ではなく“ある自分の呼び方”が主流になっているという。その一人称とは?そして何故その一人称を中学二年生女子は使用するのだろうか?彼女達を分析することで現在の中学二年生達がもつ特徴が見えてきた。

反抗しない中学二年生
親と子の関係も分析され、その結果から「現代の中学二年生は親に対して反抗しない傾向が強い」ことがわかってきた。中学二年達にありがちと考えられていた“反抗期”はどこに行ったのか?その理由として近年よく見られる家族のある特徴が反映しているのではないかという考察されている…

中学二年生の彼氏彼女
いままでタブー視されていた中学二年の恋愛事情についても分析のメスが入った今回のアンケート。なんと中学二年生に向かって「あなたは現在、彼氏や彼女がいますか?」という質問が投げかけられたのだ。その結果、約12%の生徒が彼氏彼女がいると答えが得られた。問題は好きな相手がいると学校生活は楽しいと思うのだが…
中学二年生が持つ意外な恋愛観に迫る。

スクールカーストという問題
アンケートでは「スクールカースト」という現代の中学校が問題を浮き彫りにすることができた。これまでも“いじめ”や“校内暴力”などとの関係が述べられてきたもつスクールカーストだが、いまや学生達の大きな負担になりつつあることが見えてきたのだ。スクールカーストとは一体どんなものなのか?そして何故加速しているのだろうか?


主な取材先
東京大学大学院 本田 由紀さん
秋田大学大学院 鈴木 翔さん
芝浦工業大学柏中学校

トップへ戻る