WAC BUNKO

崩壊 朝日新聞

長谷川煕 著


「米英撃滅」、「東京裁判・ソ連・中共・文革・北朝鮮」賛美といった「大義」に、朝日新聞紙面は雷同し、酩酊した。こういう「大義」好きはもう新聞ではないと私は考える。「大義」の機関紙を私は新聞とは呼ばない。なぜなら、「大義」の正体を暴くのが新聞だからだ。「大義」の機関紙はアジびらだ——


さらに転落・崩壊し続ける朝日よ、さらば!!
「従軍慰安婦」捏造をはじめ、戦前から今日まで続く「虚報」を生み出す「条件反射」的な「パブロフの犬」のような記者が、なぜ生まれるのか?
朝日新聞きっての敏腕老記者が、社員、OBを痛憤の徹底取材! その歴史的真因を衝く!
そして、慰安婦問題からモリ・カケ報道まで、虚報のオンパレードを続ける朝日に鉄槌をくわえる一書。ベストセラーの『偽りの報道——冤罪「モリ・カケ事件」と朝日新聞』の原点ともいうべき著書。待望のWAC BUNKO化!


著者プロフィール 1933年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科哲学専攻卒。1961年に朝日新聞社入社。88年初めまで経済部など新聞の部門で取材、執筆し、次いで、創刊の週刊誌『AERA』に異動。93年に定年退社したが、その後もフリーの社外筆者などとして『AERA』を舞台に取材、執筆を2014年8月末まで続ける。
1990年前後に、歴史的な転換をしつつあった東西ドイツなど中東欧諸国、旧ソ連内の各地、また北朝鮮に接する中国の延辺朝鮮族自治州などを取材した。
著書に『こんな朝日新聞に誰がした』(共著)『偽りの報道──冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞』(以上、ワック)、『コメ国家黒書』『松岡利勝と「美しい日本」』『アメリカに問う大東亜戦争の責任』(以上、朝日新聞社)、『新幹線に乗れない』(築地書館)などがある。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
崩壊 朝日新聞(長谷川煕)
  • 定 価:本体920円+税
  • 判 型:新書判
  • ページ数:312ページ
  • ISBN:9784898317785
ページ先頭へ↑
目 次

改訂新版に寄せて──さらに崩壊し続ける朝日新聞
まえがき

 

第一部 過去を「悪」と見る条件反射

 第一章 吉田清治を称えた論説委員

 第二章 マレー半島「虐殺報道」の虚実

 第三章 松井やよりの錯誤

第二部 視野が狭くなる伝統

 第一章 朝日にたなびくマルクス主義

 第二章 尾崎秀実の支那撃滅論の目的

 

第三部 方向感覚喪失の百年

 第一章 歴史を読み誤り続けて

 第二章 一閃の光、そして闇

 

あとがき──日本の近現代史を歪める朝日新聞
参考文献一覧

ページ先頭へ↑
関連書籍
偽りの報道(長谷川熙(元朝日新聞記者))偽りの報道

長谷川熙(元朝日新聞記者)

こんな朝日新聞に誰がした?(長谷川熙・永栄潔)こんな朝日新聞に誰がした?

長谷川熙・永栄潔

ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ