単行本

日米戦争を策謀したのは誰だ!

ロックフェラー、ルーズベルト、近衛文麿 そしてフーバーは──

林 千勝 著


なぜ、「平和」は「戦争」に負け、第二次世界大戦が勃発したのか。なぜ、避けることが可能だった日米戦争が起こったのか。その不条理を追究し、偽りの歴史を暴く!


戦争を企んだ「国際金融資本家・ロックフェラー」と「好戦家・ルーズベルト」。そこにつけこむスターリン・コミンテルンなどの国際共産主義運動の策謀。その危険性を見抜き、彼らと対峙したフーバー。そういった、アメリカが攻め込まれない限り、戦争はしないという「不干渉主義者」だったフーバーたちは「孤立主義者」と貶められた。
日本では、フーバーとも会ったことのある近衛文麿は、尾崎秀実、風見章、牛場友彦、松本重治、白洲次郎らを初めとする「問題人物」を手玉にとったつもりで、実は「ピエロ」としての役割しか果たせず、自滅し敗れ去って行った‥‥。

前作『近衛文麿 野望と挫折』に続く、渾身のノンフィクション大作

(著者の言葉) →世界は今も戦争の危険と恐怖が絶えません。「なぜ、人類は戦争をしなければならないのか?」。私は、現実的な観点から平和な世界をつくる手がかりを探る試みとして、本書を世に問います。ルーズベルト、フーバー、近衛の動き、ロックフェラーの関与を並列的に叙述しました。日米共通の歴史認識が必要との問題意識がそうさせたのです。


著者プロフィール 京大学経済学部卒。富士銀行(現 みずほ銀行)を経て、現在、不動産投資開発会社役員。
長年、近現代史の探究にとりくむ。著書に『日米開戦 陸軍の勝算──「秋丸機関」の最終報告書』(祥伝社)、『近衛文麿 野望と挫折』(ワック)。

アマゾンのショッピングサイトへリンクします。
日米戦争を策謀したのは誰だ!(林 千勝)
  • 定 価:本体1800円+税
  • 判 型:四六判
  • ページ数:400ページ
  • ISBN:9784898314814
ページ先頭へ↑
目 次

プロローグ──なぜ、人類は戦争をするのか

 

第一章 ロックフェラーの世紀

「世界大戦」の惨禍

ロックフェラーの世紀

油売りから帝王へ

巨大財団 光と影

太平洋問題調査会という魔宮 

第二章 悪魔の使い ルーズベルト

悪魔の使い

アメリカ共産党

社会主義的な経済運営

干渉主義

武器貸与法という策謀

ドイツを挑発

日本を追いつめた共産主義者たち

第三章 平和の天使 フーバー

平和の天使

共産主義への警戒

不干渉主義

欧州戦争の始まり

「悪魔の使い」との闘い

第四章 「平和」が「戦争」に負けた日

チェックメイト

天使の日本理解

極東部長の対日政策

日本圧迫!

騙された天使たち

「腹切り」への「生贄」

第五章 「平和」が「戦争」に負けた訳

藤原(近衛)文麿というピエロ

蠟山政道の昭和研究会

太平洋問題調査会が演出した訪米

大抜擢、謀略

風見章の日本革命

尾崎の足音

松本と白洲の影

牛場友彦の牙城

「英米本位の平和主義を排す」!

「平和への努力」のふり

ソビエトは討つな!

陛下の避戦を覆せ!

裏切りの真珠湾攻撃 

第六章 顚末と苦難

ピエロの執念

ピエロの死

再始動

悪魔の使いの死

第二次世界大戦の惨禍

世界の苦悩

 

エピローグ──「平和」が「戦争」に負ける訳

 

主要参考文献

ページ先頭へ↑
関連書籍
近衛文麿 野望と挫折(林千勝(昭和史研究家))近衛文麿 野望と挫折

林千勝(昭和史研究家)

ページ先頭へ↑
書籍
単行本
WAC BUNKO
書店様へ