沿革

1996年

  • 7月18日、ワックネット株式会社を資本金1000万円で設立
  • サイエンス系ドキュメンタリーを中心にテレビ番組制作をスタート。MXテレビ放送の30分番組「ザ・サイエンス」の制作開始
  • 1997年

  • 社名をワック株式会社に変更
  • 書籍出版事業に参入、サイエンスノンフィクションを中心としてCD-ROM付き単行本シリーズを発行
  • 1998年

  • ドキュメンタリー・シリーズ「海と日本」の制作開始。テレビ東京、 BS日テレ、MXテレビ等で放送(2000年〜2007年)
  • 同年、単行本「ソニー自叙伝」を刊行し10万部をヒットするベストセラーとなる
  • 2000年

  • トーハン、日販の出版コードを取得し、書籍の発行・発売を本格化
  • 同年、資本金を1150万円増資し2150万円となる
  • 2001年

  • DVDの制作・販売事業を開始し、「世界のエアショー・シリーズ」「創業者ドキュメント・シリーズ」などを手掛ける
  • 新書「ワックBUNKO」シリーズを発刊、「この厄介な国、中国」がベストセラーになる
  • 2003年

  • 単行本「職員会議に出たクロ」「渡部昇一の昭和史」が10万部を突破しベストセラーとなる
  • 2004年

  • 花田紀凱が編集長の総合誌「月刊WiLL」創刊
  • 2005年

  • 「WiLL」10万部突破。
  • 単行本「大東亜戦争の真実」がベストセラーに
  • 2008年

  • 科学情報ドキュメンタリー「ガリレオチャンネル」が放送10年目に入る
  • 単行本「いつまでも「老いない脳」をつくる10の生活習慣」が10万部を超えるベストセラーに
  • 「WiLL」5月号、13万6千部を達成
  • ワックとワック・マガジンズが合併、資本金4150万に増資
  • 2009年

  • 国立科学博物館で開催される『大恐竜展』のメイン映像を製作
  • 単行本「自らの身を顧みず」が14万部のベストセラーに。歴史読物・季刊「歴史通」創刊
  • 2010年

  • 公益財団法人 日本科学技術振興財団主催「第51回科学技術映像祭」にて「ガリレオチャンネル」"共感覚のミステリー 音や文字に色を感じる"が文部科学大臣賞を受賞
  • 出版部10周年を記念し、「日本の歴史」渡部昇一著 全8巻を出版
  • 「歴史通」隔月刊開始
  • 2011年

  • 公益財団法人 日本科学技術振興財団主催「第52回科学技術映像祭」にて「ガリレオチャンネル」"人間の存在感とは何か?アンドロイドに宿った心"が科学技術教養部門 部門優秀賞を受賞
  • 「ガリレオチャンネル」が「ガリレオX」と名称を変更し、BSフジにて全国放送がスタート
  • 「渡部昇一ベストコレクション」発刊開始
  • 2012年

  • 公益財団法人 日本科学技術振興財団主催「第53回科学技術映像祭」にて「ガリレオX」"触覚メディア リアリティを増幅する最新技術"が科学技術教養部門 部門優秀賞を受賞
  • 「ワックBOOK」発刊開始
  • ドキュメンタリー映画「二つの祖国で」山路ふみ子賞受賞
  • 2013年

  • ドキュメンタリー映画「二つの祖国で」日本映画批評家大賞受賞
  • 公益財団法人 日本科学技術振興財団主催「第53回科学技術映像祭」にて「ガリレオX」"シマシマの謎 動物の模様を"数学"で解く"が科学技術教養部門 部門優秀賞を受賞
  • ページ先頭へ↑